2009年10月11日

食事の一口目

ダイエットのためのカロリーコントロールをきちんと実行するためには、食べ過ぎないようにするコツがいくつかあります。

たとえ食事中でもちょっとしたポイントを意識して食べてみるとまた、違ってくるかもしれませんね。

あなたはいただきます!といってハシを持って、最初に何を口に運びますか?ご飯?おかず?さて、食べ過ぎを防止してくれる最初の一口は何でしょうか。

それは汁物なのです。最初の一口に汁物をいただいてみましょう。何故最初の汁物が食べ過ぎ防止につながるのでしょうか。

お腹が空いている時、脳では交感神経が高ぶり活発に働いているので食欲がどんどん増していきます。

そして食事が終わって満腹になると、今度は副交感神経が満腹感を得てリラックスして落ち着いた状態になります。

また交感神経と副交感神経は、温度変化に影響を受けやすいといわれています。

具体的な効果としては食事の一口目に味噌汁やスープなどのあたたかい汁物を口にすることで、交感神経の高ぶりを抑えて、副交感神経を刺激することができるのです。食事の時以外でも、たとえばあたたかいお茶を飲むとリラックスした状態になりますよね。

あれと同じことで、食事の最初にあたたかい汁物を飲むことで食欲に興奮している交感神経を落ち着かせて、食べすぎを防ぐことができるのです。

最初に汁物をとることで、単純にお腹が膨れて、満腹感を得ることもできます。食事のメニューにはぜひ味噌汁やスープなどの汁物を取り入れてみるといいかもしれませんね。

特に味噌汁については、相性のいいものはパンではなくやっぱりごはんですよね。塩気のある味噌汁と相性が良いですよね。

このスタイルはたんぱく質(アミノ酸)のバランスを整えるという意味で、とても理にかなっているのですよ。

どういうことかというと、たんぱく質(アミノ酸)にもいろいろ種類がありますから、一言でたんぱく質が多いといっても、いろんな種類のたんぱく質をバランスよく摂取する必要があるのはご存じのとおりですが、

ごはんに含まれるたんぱく質の中で不足しているものが、大豆には多く含まれているのです。

さらに大豆には不足しているたんぱく質が、ごはんに多く含まれているのです。

ごはんと味噌汁は、それぞれの足りない部分を補う良い組み合わせなのですね。
>> http://snipurl.com/seqqf

posted by メタボリック at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 村本エリカ.com | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

数字は自分で管理しよう

体重、体脂肪率、BMI、ウエスト…。ダイエットには数字が付きまとうものですよね。

そして数字はついつい人と比べたくなるものです。また比べるつもりはなくても、比較するのが簡単なので、優劣の基準になりがちですよね。

例えばダイエット中の友人と比べて、「私なんてダイエット始めて1ヶ月たつけど、2kg落とすのがやっと…」と落ち込んでしまったり「体脂肪率をそんなに落とすなんて絶対無理…」とダイエットをあきらめたりしたことありませんか?

体重や体脂肪率、ダイエットの期間を人と比べるのはあまり意味のないことなのですよ。たとえば、体重100kgの人が90kgに減らすのと、体重50kgの人が40kgに減らすのとでは、同じ10kg減でも、ダイエットの難易度はまったく違うことがわかりますよね。

体脂肪率でも同じことです。また、同じマイナス10kgでも筋肉を維持したまま余分な脂肪だけをきれいに落とした人と、脂肪と一緒に筋肉も落としてしまっ人では、リバウンドする確率や見た目の美しさまでもが変わってくるのです。

筋肉量をキープ、もしくは増やしながらダイエットした人は、体重を落とすのに時間はかかるものの、基礎代謝量(が高いので、太りにくくやせやすい体質になっているので、リバウンドする可能性も低く、筋肉がある分、見た目も健康的で引き締まって見えます。

ダイエットの目標値やそれに必要な期間は、その人の体質や遺伝、生活環境によって当然変わってきます。

体重や体脂肪率、期間を他人と比べることで、「私もがんばろう!」とやる気になるのであればいいですが、無意味に落ち込んで自分に自信をなくしてしまったり、ダイエットそのものをあきらめてしまったりすることは、とてももったいないことですよね。

あなたは、あなたのペースで、あなたの目標値に近づくよう努力すればいいのです。体重などの数字は、ダイエットのひとつの基準にはなりますが、それは以前の太っていた頃の自分と比べるものなのです。

>> http://snipurl.com/seqqf

posted by メタボリック at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 村本エリカ.com | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バランスもよく考えよう

ダイエットというと食事制限から連想して食べる量を減らすことだけを考えてしまいがちですよね。でも食事内容つまり栄養バランスに気を配ることも大事なポイントです。

あらゆる栄養素をバランス良く食べることが、ダイエットにも健康にも大切なわけですがダイエットの強い味方となってくれる栄養素があるのをあなたはちゃんと知っているでしょうか?

それは、ビタミンB群です。ビタミンB1、B2、B6、B12などをまとめてビタミンB群と呼ぶわけですが、これらビタミンB群には、ダイエットを助けてくれる効果があります。

摂取した脂質や糖質を、エネルギーとしての燃焼を促進し、脂肪として蓄えら
れることを防いでくれるのです。

つまり、同じカロリーのものを食べてもビタミンB群の多い食事の方が、脂質や糖質がエネルギーとして使われやすくなるということです。

カロリーを気にするのももちろん大事ですが、栄養バランスを考えることもダイエットには効果的なのです。

もちろん、ビタミンB群をとっただけで必ずやせるというわけではありませんよ。

脂質や糖質がエネルギーになりやすいということなので、まったく運動もしないでそのエネルギーを使うことをしなければ、せっかくのビタミンB群の効果を生かしきることはできませんからね。

ただ人間は普通に生活するだけでもカロリーを消費していますから、ビタミンB群の多い食品をとるに越したことはありませんよね。

また、ビタミンB群にはストレスや疲れを解消してくれる効果もあるので、これが不足するとイライラしたり、疲れを感じやすくなったりします。

ダイエット中は何かとストレスがたまることもあるので、ビタミンB群はメンタル面でもダイエットを支えてくれる効果があると言えるでしょう。

ビタミンB群にはダイエット効果だけでなく、肌や髪の健康を保ってくれるなど、美容にもうれしい効果があります。

どうしてもビタミンBが不足しているなと思う人は、補助的な意味でサプリメントを摂取してみるのも一つの手段ですね。

なるべく品目数の多いヘルシーな食生活で、健康的にダイエットを進めたいですよね。

>> http://snipurl.com/seqqf

posted by メタボリック at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 村本エリカ.com | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。